勇者ぽんぶーの冒険

ドラクエ10初心者丸出しの冒険日誌。2017年春、初プレイ!

【Ver.4】パーティ構成完全ガイド

いまだにピラミッド8層のファラオ・ヘルマさんのゴールドシャワーは怖い。

怒ってる時にやられると、場合によっては全滅しそうになる。

「ムシャクシャしてやった、誰でもよかった」は本当に恐ろしい。

 

さて、今回はパーティにおける職業構成のお話しだ。

 

ドラクエ10にはVer.3.5後期時点で16もの職業があり、Ver.4.0ではこれに「天地雷鳴士」が加わり17種類になる。

 

4人パーティにおける職業の組み合わせパターンがどれくらいあるか計算してみよう。

 

17種類の4乗・・・でいいのかな?え?・・違う?違うの?・・ちょっと待って、それだと「戦・戦・僧・占」と「戦・戦・占・僧」を違うものだと認識するこtすげぇたくさん通りである。

 

上記で算出された「すげぇたくさん通り」ものパターンから、ボス毎に最適な組み合わせを見つける。

これは、大変なことだ。

 

これまでパーティで重要な役割を担ってきた戦士・占い師の弱体もあり、バージョン4では職業構成のパターンが大きく変わるかもしれない。

 

かといって、全部の職業をプレイしたことある人など、そう多くはないだろう。

そこで、典型的な職業構成を例にとり、どういう特徴のパーティになるのかを徹底解説していこうというのが今回の趣旨である。 

続きを読む

マイユさんのパンツをキャッツ・アイ!!

たまには私のドラクエ10の日常をつづってみようと思う。

枕草子的に私の最近の出来事などを書き連ねるのもいとをかしだ。

 

ただ、ニーズがねぇ・・・

 

私はAKB48でもなければ、EXILEでもないわけじゃん?

オガ男が踊ってんの見たことないでしょ?

 

人数多過ぎて「何故あなたが?」って人も混ざってる気もするけど、彼らの様な選ばれたスターの日常なら、みんな読みたいと思うだろう。

彼らであれば、「今日のお昼はお肉!ステーキ美味しかった~♪」くらいでアクセス殺到だ。

私であれば、「今日のお昼はお肉!牛を素手で倒したよ~♪(動画あり)」くらいのインパクトがないと誰も読んでくれない。

 

私の様なただの初心者オガ男の日常に何の価値があんのかと。

むしろいとわろしだぞと。

せめて可愛いプクリポか女性キャラなら、まだニーズもあるのだろうが・・・

ブログランキングの上の方を見ても、オガ男なんて一人もいない。

 

でも、このブログがきっかけでフレンドになっていただいた方々、最近気付いたんだけど、やたらオガ男好きの方が多いんだよね。

 

わかっているとは思うけど、リアルの私はオガ男じゃないぞ。

あんなに小さくて可愛らしい感じでは全然ない。

リアルの私は身長2m82cm体重170kg

私が戦闘が下手なのは、コントローラーが小さすぎてボタンを2つ3つ一緒に押してしまうからだ。

ちなみにこの大きさなので、電車に乗ったときは床に座った状態で吊革につかまっている。

 

続きを読む

やんのかコラァァ!

「超初心者バトルを学ぶ」シリーズ第5回。

 

今まで何も考えずなんとなく戦闘をこなしてきた超初心者の私が、華麗に戦場を舞うようになるまでの成長を描く予定のシリーズだが、いまだ華麗に舞う気配は感じられない。

 

今回は、モンスターの「怒り」について学んでいこう。

 

モンスターは一定条件で怒り状態となる。

 

「やんのかコラァァ!!!てめぇ、どこ高だ、コラァァ!!」

「あぁん?俺、常高(常闇高校)のメイヴさん知ってんだかんな!!」

 

こんな感じだ。

ちなみに常闇高校のメイヴさんは学校側も手に負えない無法者である。

高校制度に従う気が全く無く、日替わりで自分の学年をかえている。

今日は1年生、明日は2年生、明後日は3年生・・・なんとその次は4年生になるのだ。

3年制という根本をも無視するとは、どんだけ自由なんだと。

 

続きを読む

最悪の状態異常をご存じですか?

「超初心者バトルを学ぶ」シリーズ第4回。

 

今まで何も考えずなんとなく戦闘をこなしてきた超初心者の私が、華麗に戦場を舞うようになるまでの成長を描くシリーズかもしれないやつである。

 

やっぱりね、モンスターの大きさがデカいとビビるね。

例えば、試練の「おにこんぼうとやまたのおろち」ペアなんかだと、なんか慌てちゃう。

スライダークの方が強いんだろうけど、まだこっちの方が落ち着いていられる。

やっぱり動物の本能みたいなもので、身体の大きい相手を警戒するのかな。

 

最悪の状態異常は何だ?

戦闘中、呪文・特技などの要因で、プレイヤー・敵ともに様々な状態変化が起こる。

攻撃力守備力上昇・聖女の守りなどの有利な状態変化と、攻撃力守備力ダウン・混乱・マヒなどの不利な状態変化がある。

 

とてもたくさんの状態異常があるが、皆さんはこの中で最も不利な状態変化をご存じだろうか?

 

それは、「眠り」である。

 

これにかかったプレイヤーキャラは、全く動かなくなる。

完全に戦力外になってしまうのだ。

ひたすら敵の攻撃を食らうだけのサンドバックと化す。

 

続きを読む

【Ver.4】戦士・占い師・職人の皆様へ

遅ればせながら、先日のドラクエ10TV秋の大文化祭10時間スペシャルで発表された、新ディレクター安西先生によるバージョン4の内容について私の思うところを書いていこうと思う。

私は今年の5月、バージョン3.5中期アップデートとほぼ同時くらいでプレイをスタートさせているため、今度のバージョン4は私にとって初めてのバージョンナンバリングが変わる大型アップデート(というか新パッケージ)になる。

 

バージョン4アップデート内容の全容については他サイト様が既にたくさん書かれているので、私は「メインストーリー・サブストーリーの強化」「戦士・占い師の弱体化」および「職人への影響」にしぼって書く。

続きを読む

幻のキャラに遭遇した!!

「あなた、もしや私の声が聞こえ、私の姿が見えるのですか?」

f:id:mrchildbin:20171007123653j:plain


「いいえ、聞こえませんし、見えません。」

 

「うん、おかしいよね。答えてるよね。目も一度合った上でそらしてたし。」

 

「・・・・」

 

「恐れなくてよいのです。私は、森の精霊ぽんぶー。私の姿は心の清いものにしk・・ちょちょちょっ、え?どこ行くの?

 

「キラキラでも拾いに行こうかなと。」

 

今、私しゃべってたでしょ?君、すごいタイミングで去ろうとするね。急いでんの?」

 

続きを読む

チャージタイムの画期的な確認方法を思いついた

「超初心者、バトルを学ぶ」シリーズ第3回。

 

今まで何も考えずなんとなく戦闘をこなしてきた超初心者の私が、華麗に戦場を舞うようになるまでの成長を描く予定のシリーズである。

現時点の私は、華やかに戦場に散っている。

 

「防具ってあんまりこだわりないんだよね。敵の攻撃・・・俺に当たらないんで。

 

言ってみてぇぇぇ!!

 

さて、第1回・2回とターンの仕組みを学んできたが、今回は呪文・特技の「チャージタイム」について書いていこうと思う。

 

チャージタイムの仕組み

呪文・特技の中で主に強力な効果のあるものについては、コマンドがまわってきたからといって常に使えるわけではないものがある。

これらは一度使うと一定のチャージ時間が発生し、このチャージが貯まるまで使用できない。(以下、チャージタイムが必要は呪文・特技を「CTスキル」という。)

 

チャージに必要な時間はCTスキルごとに違い、開幕直後は短く設定されている。

開幕直後のチャージタイムはそれぞれの概ね半分程度だが、これもCTスキルごとに微妙に違う。

なお、開幕チャージタイムがゼロ(開幕直後にすぐ使える)の例として主なCTスキルは以下の通り。

・真やいばくだき(敵こうげきダウン)

・たたかいのビート(味方こうげきアップ)

・弓聖の守り星(通称「弓ポン」。味方状態異常1回無効)

・むげんのさとり(賢者の呪文効果2倍)

※占い師は、「わたぼう」のタロットをデッキに入れておけば開幕で必ず引くので、そこにどんなアルカナをつけるかによって色々な開幕直後の展開ができる。(私はバイキ効果の「力」にしてる。)

続きを読む

【ターンの仕組み2】超初心者、バトルを学ぶ

シリーズでお送りする「超初心者、バトルを学ぶ」。

 

前回の「ターンの仕組み」の続きを書いていきたいと思う。

前回(第1回)記事はこちら→【ターンの仕組み】超初心者、バトルを学ぶ - 勇者ぽんぶーの冒険

序章の記事はこちら→バトルのプレイヤースキルを磨きたい - 勇者ぽんぶーの冒険

 

この項目は、前回で書き切るつもりだったのだが、2,000文字を費やしてさわりしか書けないという、まさかのトラブルが発生した。

今回はその様なことがないよう、出だしからちゃんと書いていこう。

 

戦闘開始直後のゲージは、1本目が満タン

プレイヤー側だけ、戦闘開始直後にいきなりターンがくる。(不意打ちを受けた場合を除く。)

ドラクエ10の戦闘のコツの一つに「後出しじゃんけん」があるが、ここでは違う。

つまり、「最初はグー」の時点で「パー」を出すことが可能ということだ。

皆さんもリアルでこれをやってくる人に対して、「あ、今、そういうのいいから・・・」的に苦笑いした経験が一度くらいはあるだろう。

逆にやってしまったことがある人は、逮捕されれば5億円以下の罰金もしくは150年以下の懲役に処せられるので注意しよう。

 

この開幕直後にどうするかだが、基本的には補助系の効果付与の行動がよいのだろう。

戦士メインの私としては「真・やいばくだき」を先に入れることにより、敵の初手からダメージを減少させられる。(成功すればだけど)

バイキ職(魔法戦士・どうぐ使い・旅芸人・占い師)は開幕でバイキをすることが多いと思うので、もらう人はあんまり離れてしまって効果範囲から外れてしまわないよう注意が必要だ。

 

ただ、本当に遅れなく開幕直後に入力しないと、敵の初手への対応が間に合わなくなってしまう。

私はよくスライダーク戦で、開幕直後にモタモタ真やいばを選択し、見事に真やいば失敗で攻撃力を削れなかった挙げ句、ギロチンカッターの餌食になったりしている。

すぐにコマンド入力したとしても、硬直時間の長いものは敵の初手に間に合わないので、これも気をつけなければならない。

 

続きを読む

【ターンの仕組み】超初心者、バトルを学ぶ

さて、いよいよバトル(戦闘)について学んでいきたいと思う。

 

前回記事はその序章的な内容だったが、コメント欄の様子がいつもとは随分違っていた。

皆さん、やっぱりバトルには熱い!

丁寧なコメントを本当にありがとう。

そして、いつもの記事にコメントをくれる皆さん、私は嬉しくて繰り返し読んでいる。

ありがとね!

前回記事はこちら→バトルのプレイヤースキルを磨きたい - 勇者ぽんぶーの冒険

 

バトルを知る資料として、まずは公式ガイドブック一式を購入した。

赤・白・青・紫・黒だ。

バトル以外にも知りたいことはたくさんあるため、とりあえず一通り買ってみた。

古いものは古本で、かなり安く買える。

 

戦闘技術については白本が一番詳しく載っていた。

f:id:mrchildbin:20170928105152j:plain

 

ここからのバトル記事は、基本的にこの白本をはじめとする攻略本を参考に書いていく。

白本は3年も前に発売されたものだし、他の攻略本も情報が古い部分もあるだろうから、あわせて各攻略サイト・ブログ様も参考にさせていただきたいと思う。

 

「それなら、ぽんぶーの記事なんか読まなくても攻略本と他の攻略サイト見ればよくね?」と思ったあなたには、今日から向こう3ヶ月にわたってバトンちゃんが家の前から一切動かない呪いをかけてあげよう。

続きを読む

この課金装備だけは欲しかったんだ

今日はどうしても欲しかった課金アイテムについて書いてみたいと思う。

(前回のバトル記事の続きは、次回予定)

 

皆さんご存知の通り、リアルの私は小学校2年生である。

今日は学校で漢字の「牛」を上手に書けて先生に褒められた。

先生は20代の人妻だ。

「ぽんぶー君、上手ねぇ」と言われたので「夜の方は・・・もっと上手ですよ」とささやいたら、グラウンドを365周させられた上、ドラクエバトルえんぴつを没収された。

いーもん、もう少しでドラクエ10バトルえんぴつできるもんっ!

 

小学2年生の私のお小遣いは、月額1,080円(税込)

「月1,000円ね」と言うママに対して、購入する物品・サービス等に対して8%の消費税が課される以上、手取り1,000円では実質的には926円相当のものしか買えないということを、パワーポイントを使用してプレゼンしたところ、消費税分の80円ももらえることになった。

 

月1,080円だったらドラクエ10の月額利用券で全部使っちゃうじゃんと思う方も多いだろう。

しかし、違う。

私は、パパのPCでドラクエ10をやっており、Windows版の利用券は税込1,000円なのだ。

つまり80円余るということになる。

この80円を友人達と駄菓子屋に飲みに行ったりする交際費に充てて、なんとかやりくりしている。

余談だが、パパのPCには18歳未満クリック禁止のサイトが数多くブックマークされていたため、とりあえず片っ端から動画をダウンロードしておいた。

私は小学2年生ではあるが、「家」という漢字が書けず毎年留年しているだけで、年齢は18歳以上どころか先生より上である。

 

続きを読む